マナーとルールを守り、安全で楽しい射撃をしてみませんか!

「技能講習受講の手引き」

               画像の説明 

 技能講習は、平成27年、猟銃の安全取扱いをより重視した内容に改正されました。これまでは、受講者の不適切行為を点数で評価していましたが、猟銃の安全取扱いの指導を重点に行われることになりました。
 射撃講習においても、射撃中における安全取扱いが評価の対象に加えられ、技能が未熟な者については、基本から指導することになりました。
 

          目 次 
  
     猟銃取扱いの基本

     危険行為

     技能講習受講者のための手引き
      1 技能講習導入の趣旨    
      2 受講対象者等
      3 技能講習の受講申し込み
      4 技能講習受講の携行品
      5 受付・受講準備
      6 記録の範囲
      7 講習の打ち切り
      8 修了認定
           
     散弾銃を使用して行う操作講習
      1 散弾銃の分解、点検、結合
      2 散弾銃の保持及び携行
      3 装塡及び脱包
      4 照準及び空撃ち
      5 不発弾の処理

     ライフル銃等を使用して行う操作講習
      1 ライフル銃の分解、点検、結合
      2 ライフル銃の保持及び携行
      3 装塡及び脱包
      4 照準及び空撃ち
      5 不発弾の処理

     射撃講習の実施要領

     散弾銃射撃講習実施要領(セット表等)
 

a:12788 t:2 y:10

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional